包茎と病気との関係

包茎で悩む前に

男性器そのものの病気

包茎は様々な病気と関係があるとされています。まずは、男性そのものの病気との関係です。恥垢がたまったまま放置すると、亀頭包皮炎という病気にかかることがあります。これは比較的男性に多い病気です。細菌感染により包皮及び亀頭部が赤くはれ、排尿する際に痛みを感じるもので通常は皮膚の炎症にとどまり軽くすみますが、ひどくなるとパンツに膿がつくこともあります。そのまま放置せずに、早めに病院を受診して抗生剤を含んだ軟膏などを患部に塗ったほうがよいと思います。

女性に移したり、移されたりする病気

次に女性からもらう病気との関係です。複数のパートナーがいる女性かどうか、過去に多数の男性と関係を持ったことがあるかどうか、付き合っているときになかなか聞くわけにはいかないと思いますが、男性経験の豊富な女性は、梅毒やHIV、淋病、クラミジアなどの性病を持っている可能性もあります。包茎の男性は陰茎の粘膜が傷つきやすいため、感染のリスクが高くなりますのでこのような女性と関係を持つときは注意が必要です。包茎が引き起す可能性のある女性の病気についても留意が必要です。代表的なものが「子宮頸がん」です。子宮頸がんの原因は必ずしも明確ではありませんが、男性のペニスに付着した恥垢からも感染するといわれています。たとえペニスを清潔に保っている自信があっても、セックスの際には必ずコンドームを装着すべきでしょう。さらに子供ができない原因にもなることがあるようです。例えば、勃起しても亀頭が露出しない真性包茎の場合、子供を作るために膣内で射精をしても、覆いかぶさっている包皮が邪魔して子宮に十分な精子が届かないことがあるようで、それが不妊の原因になることがあるようです。



Copyright (C) 2012-2014 ゼファルリンお悩み相談室 All Rights Reserved.