病気の原因となる包茎

包茎で悩む前に

包茎と恥垢

包茎自体は病気ではありませんが、病気の原因になる可能性があることが問題です。病気の原因となるのは、包皮と陰茎の間にたまる恥垢(ちこう)です。鼻につく独特の不快な悪臭は、男性なら誰でも覚えがあるかと思います。これは細菌や分泌物の塊です。包皮の中は湿度の高い温室のようなもので、雑菌をいつも温室培養しているようなものです。

恥垢を取らないとどうなるか

恥垢をとらず不潔な状態を放置しておくと、次のような病気になることが知られています。まず亀頭部のまわりが赤くただれる亀頭包皮炎です。ヒリヒリしますが、清潔にすればたいていは軽癒しますが、放置すると赤くただれて治り難くなってしまいます。ペニスに小さなイボができ、それが増殖する尖型コンジロームもよく見られる症状です。また、真性包茎で恥垢を除去できない人には、高い確率で陰茎ガンが発生するといわれています。なお、このような男性とセックスした女性は、子宮頸がんや子宮がんのリスクが高まるといわれています。逆に、病気になりやすいということは、彼女から病気を貰いやすいということでもあります。複数の男性とセックスした経験のある女性、現在複数のパートナーがいる女性の膣の中は、感染症のリスクが高いと考えられます。セックスで移される可能性のある病気には、梅毒・HIV感染・性器ヘルペス・淋病・クラミジア感染・膣トリコモナス・ガンジタなどがあります。包茎でない男性は、男性器がいつも乾燥しているため、たとえ女性が病気を持っていても、感染症をうつされることはまれでしょう。しかし包茎の男性だと菌が包皮の中に入り込み、増殖しやすくなること、包茎の男性は亀頭粘膜がとても弱く傷つきやすい傾向があるといわれていることから、性感染症にかかりやすくなります。



Copyright (C) 2012-2014 ゼファルリンお悩み相談室 All Rights Reserved.