そもそも包茎は恥ずかしいことなのか

包茎で悩む前に

男性が思っているほど恥ずかしいことではない

そもそも包茎は恥ずかしいことなのでしょうか?包茎を治療したいという男性側の理由のほとんどは、見た目の恥ずかしさにあると考えられます。特に若い人にとっては気になるのも無理もありません。例えば温泉や、寮での共同風呂で、見られるのが恥ずかしかったり、女性とセックスするときにどう思われるのか。このように心配になる気持ちも分からなくもありません。しかし、包茎であることは、恥ずかしいことでも何でもありません。日本人の約7割くらいの人は仮性包茎で、約3%の人は真性包茎だそうです。つまり圧倒的多数の人が包茎なのです。まず、仮性包茎は病気でもなんでもありません。それに、仮性包茎だからといって男性を嫌いになる女性はほとんどいません。インターネット上の書き込みや統計などを見ても、大抵の女性は仮性包茎をそれほど気にしていないので、恥ずかしがることは一切ありません。毎日風呂で洗って清潔にしていれば、不衛生なことは一切ないのです。きちんと洗っていることを説明していれば、彼女があなたを嫌うようなことはないと思います。

それでも気になるなら治療という選択肢もある

それでもなお、恥ずかしいのでなんとかしたいというのであれば、包茎矯正器具を使ったり、普段の自慰行為をちょっとだけ工夫するとか、手術以外の方法を試してみるとよいでしょう。手術はいつでもできますが、切った皮は2度と戻りません。それに、包茎手術は、縫い合わせた上下の皮膚が異なる色になる場合もあるらしく、もっと人前に出すのが恥ずかしくなる可能性があります。軽度の仮性包茎なら手術する必要はないと思います。ただし、真性包茎とカントン包茎は、感染症やガンのリスクが高くなるため、専門のクリニックを受診し、早めにきちんと治療しておくべきです。



Copyright (C) 2012-2014 ゼファルリンお悩み相談室 All Rights Reserved.