仮性包茎と真性包茎を治す方法

包茎で悩む前に

仮性包茎を治す方法

仮性包茎を治す方法は、3つあります。一つは自分でこまめにむいて、パンツにこすれるようにすることで外的刺激にさらしておくこと。もう一つは包茎矯正器具の活用。そしてもう一つが手術です。仮性包茎は必ずしも病気ではありませんが、見た目や、女性とのセックスの満足度を高めたいなどの理由で、治しておきたいと思う男性は少なくありません。自分でこまめにむいておくのは、例えば中学生になって自分のペニスが周りと比べてどうか気になりだす頃の男性なら、誰でも経験があると思います。ただこれだけでは、皮が元に戻ってしまうため仮性包茎を治すのは難しいと思います。もう一つの包茎矯正器具の活用は、自分の手でむくことの欠点を補うものであり、常に亀頭が露出した状態を作り出すことが可能です。器具もそれほど高額ではありませんが、購入すること自体に心理的ハードルがあるかと思います。それに治るまではどうしても時間がかかります。手術は仮性包茎を根本的に治す即効性のある方法です。欠点は、健康保険の対象外になるため手術料が高額になってしまうこと。たいていの場合30分程度と短い時間で手術可能ですが、安いところでも数万円以上はします。そこまでして治療が必要な事情があるなら、信頼できる医師の執刀により、満足のいく結果が得られるかと思いますが、大事なところにメスを入れるのですから、よく考えて判断すべきだと思います。

真性包茎を治す方法

一方、真性包茎を治すためには、手術に勝る方法はありません。健康保険の対象になるということは、治療の必要性が高いということの表れでもあります。真性包茎は、亀頭が露出しないため垢がたまりやすく、洗ってもなかなかきれいになりません。不潔で細菌繁殖の温床になるため、信頼できるクリニックで手術を受けることをおススメします。



Copyright (C) 2012-2014 ゼファルリンお悩み相談室 All Rights Reserved.