包茎手術について

包茎で悩む前に

包茎手術とは

陰茎(いんけい)の亀頭部分が、包皮と言われる皮で包まれていることを包茎亀頭が外側に露出しない状態を包茎といいます。 通常、子どもの頃であれば、包皮は亀頭を覆っており、亀頭と包皮はくっついています。それが成長するに従って、包皮は陰茎の根本の方向へ引っ張られるようにめくれあがっていき、やがて、中学から高校ごろになると、亀頭が出てくるようになります。 ところが原因はよく分からないのですが、自然にめくれていかず、大人になっても亀頭に皮が覆ったままで完全に漏出しないことがあります。このような状態のことを包茎といいます。

包茎の種類

包茎の種類には「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3つがあります。 仮性包茎とは、普段は亀頭が皮に覆われていても、勃起した際に亀頭が出て、セックスの際に痛みを伴わない状態を言います。 仮性包茎は特に異常な状態ではなく、石鹸などでこまめに洗い、清潔にしておくだけで特に問題はありません。一方、真性包茎とは、勃起するしないに関わらず、亀頭が常に包皮で覆われている状態になっている状態のことで、無理に包皮をめくろうとすると、痛みが走る状態を言います。これではセックスもままならず、男性不妊の原因にもなりかねません。 成人になっても真性包茎のままの場合は、手術が必要と考えられています。 カントン包茎は、真性包茎とは違い、包皮がめくれて亀頭が表に出ることは出るのですが、包皮の先端部分の開いているところがかなり狭く、ペニスが勃起すると、まるで輪ゴムできつく縛られたかのようになって、包皮がペニスを圧迫し、強烈な痛みが生じる状態をいいます。包茎を放っておくと、血流障害を起こし、性交が出来なくなったり、ひどくなると壊死を起こすこともありますので、早めに専門医による治療が必要になります。



Copyright (C) 2012-2014 ゼファルリンお悩み相談室 All Rights Reserved.