包茎と早漏の関係

包茎で悩む前に

包茎と早漏

陰茎の亀頭部分は敏感な神経が集まる粘膜で出来ています。ペニスはもともと敏感なものなのです。このことに注目した明確な統計や研究はありませんが、世間には包茎の人は早漏という一般的なイメージがあるようです。それはイメージだけなのか、それとも本当なのでしょうか?包茎というのは、亀頭が完全に露出せずに、包皮で覆われている状態です。外気に触れていない皮膚は弱くなりますが、ペニスでも同じことがいえまして、仮性包茎の人の陰茎や包皮は刺激に弱い状態です。このため仮性包茎の人が皮を剥くと痛むことがあります。また、痛みにも性的刺激にも敏感だと、射精までの時間が短くなってしまいます。女性が満足を得る前に自分だけが射精してしまうと、女性との関係が気まずくなることもあるのではないでしょうか。これが普段から亀頭が露出しているペニスであれば、いつも亀頭がパンツの生地でこすれ、刺激を受けていますので、亀頭が刺激に慣れるようになり、亀頭の皮も厚くなっていきます。当然、早漏ということもなくなってくるかと思います。早漏であることが特に問題でなければよいのですが、女性との関係に支障をきたすようであれば、なんとか改善したいものですね。

早漏を直す簡単で地道な方法

ではどのような方法が考えられるでしょうか。早漏を直す特効薬はありませんが、だからといってすぐに手術を受けるというのもどうかと思います。まずは、普段から亀頭を露出して、外気にさらすとともに、パンツに自然とこすれる状態を作ってみてはどうでしょうか。例えば1日のうちに数回、トイレや風呂などでペニスを出して、丁寧にキレイに洗ってみてはどうでしょうか。地道に続けているうちに、少しずつ刺激になれ、早漏が改善されていくことを期待しましょう。それでもどうしても治らない、なんとかしたい、というときに手術という選択肢を検討したほうがとよいと思います。



Copyright (C) 2012-2014 ゼファルリンお悩み相談室 All Rights Reserved.