包茎は治るのか、治さなければならないのか

包茎で悩む前に

包茎を治したいという男性は多い

包茎は必ずしも病気というわけではありませんが、できるなら治したいという男性は多いようです。日本人の半数以上が仮性包茎といわれていますが、治療を必要とする男性はそれほど多いわけではありません。病気でなくとも、セックスの満足を高めたい、感染症のリスクを減らしたい、見た目が気になるといった方にとって、包茎が治るかどうかは切実な問題になります。まず包茎は治そうと思えば治りますが、その程度によって、治す方法が違います。

手術と矯正器具の活用

通常の仮性包茎であれば、清潔にさえしていれば問題はないのですが、それでも治したいという人には、方法が二つあります。一つは包茎手術、もう一つは包茎矯正器具の活用です。包茎手術は、包茎を外科的治療で治すことができ、即効性のある方法です。真性包茎は痛みを伴うものであることから、健康保険の対象になり、泌尿器科での自己負担は1から3万円程度です。ただし、仮性包茎は必ずしも手術を必要とするものではなく、保険の対象外であり、手術料は10万円以上と高額になることがほとんどです。このことを踏まえたうえで、手術の可否を判断する必要があります。麻酔をかけ、大事なところに実際にメスを入れるわけですから、信頼できて、手術の実績も豊富な医療機関で手術を受けるようにしましょう。一方、包茎矯正器具とは、皮をむいたままの状態で固定し外的刺激によって亀頭の成長を促すもので、インターネット上でも販売されています。手術に比べて出費は抑えられますが、治るまで時間がかかります。剥き癖がつくまで常に装着しておく必要があることも頭に入れておきましょう。途中でやめてしまうと元に戻ってしまいます。



Copyright (C) 2012-2014 ゼファルリンお悩み相談室 All Rights Reserved.