包茎の種類

包茎で悩む前に

仮性包茎

包茎の種類について簡単に説明します。まず、仮性包茎は、陰茎(いんけい)の亀頭部分が、包皮と言われる皮で包まれており、亀頭が外側に露出しない状態をいいます。通常は包皮が亀頭を覆っているのですが、手でむけば簡単に露出させることができます。勃起時ほとんど亀頭が自然に露出するものから、勃起時でも、皮が余っていてほとんど皮が被った状態になっているものなど、様々なタイプがあります。海外の統計によると、一般に日本人を含むアジア人の6割以上が包茎です。ただその中でも病的な包茎の人は1%程度に過ぎないとされています。仮性包茎であっても特にセックスに問題がない、極端に小さく短いなどの問題がないのであれば、そのままでも大丈夫です。ただし、包皮が亀頭に被っているため、尿や精液のカスがたまりやすくなります。石鹸で軽く洗い、常に清潔に保つことが大切です。

真性包茎とカントン包茎

真性包茎とは、勃起するしないに関わらず、亀頭が常に包皮で覆われている状態になっており 、無理に包皮をめくろうとすると、痛みが走る状態を言います。亀頭が常に覆われているため、亀頭の成長を妨げ、先細りのペニスになってしまいます。これではセックスもままならず、男性不妊の原因にもなりかねません。真性包茎では亀頭を清潔に保てないため、陰茎ガンなどの病気のリスクが高くなるそうです。成人になっても真性包茎のままの場合は専門医に相談し、早めに治療をしたほうが良いでしょう。真性包茎の手術には健康保険が適用されます。手術も30分程度の簡単な手術です。カントン包茎は、包皮がめくれても亀頭が表に出ますが、包皮の先端部分の包皮口が狭いため、ペニスが勃起することで、ゴム輪を止めたように包皮によって圧迫されて、血流障害を起こして痛みが生じる状態を言います。思春期の男性にとって、カントン包茎は身体だけでなく、心理的コンプレックスとなってその後の成長に影響する場合もあります。カントン包茎の方が無理に性交をすると、ペニスを傷つけてしまい、感染症になる危険性もあるばかりか、病院へ担ぎ込まれる事態に陥りかねません。これは相当重度の包茎であり、早めに治療すべき状態です。



Copyright (C) 2012-2014 ゼファルリンお悩み相談室 All Rights Reserved.